納得のいく車の買い取り価格をつけてもらうために必要なこと

>

中古車の査定から代金受け取りまでの流れ

査定士のチェックポイントをおさえる

査定の基本となるのは、車種はもちろん年式や走行距離です。この部分はどこの業者でも変わりません。
その他にも修理箇所や車の傷、事故歴などもチェックポイントになります。ここはごまかさず本当のことを伝えましょう。オプションについても同様です。信用性にもつながりますし、プロの目はごまかせません。カーナビやカーステレオなど、メーカーオプションなら問題ありませんが、メーカー外の物になると評価が分かれるところになるので注意が必要です。取り付け方が正確で、上質なカーナビやカーステレオはプラス査定になる可能性が高いですが、同じ上質のものでも取り付け方が雑なものはマイナス査定になることもあるようです。
その他のチェックポイントは「香り」です。長年愛用していると気付きづらいかもしれませんが、煙草の香りやペットの香りは査定額に影響するので注意しましょう。

複数の買取業者に持ち込む

ネットで買取業者を調べてネットで大よその査定をしてもらったら、あとはどうされますか?
手間はかかりませんが、実はそれではもったいないと思います。買取業者は数多くあるので、他の業者でも査定してもらうことをお勧めします。少々手間はかかりますが、一番高く買い取ってもらえるところに買い取ってもらった方が断然お得です。
査定ポイントはどこの業者も変わりませんが、その店により、買取しやすい車種とそうでない車種があるので、査定額も変わってくるのです。
査定士は大よその査定額は提示できますが、最終的に決定するのはその業者の買取専門部署になります。そこで改めてその車の市場での価値やその業者の流通網を考えたうえで買取価格は決定されます。ご自分の愛車を高く評価してくれる業者に依頼するのがお互いの為かと思います。


この記事をシェアする